たまの休日

Canon EOS 80Dで撮影したバスケ写真、カメラ、時計、音楽・・・とか

オススメ!ストラップの着脱が簡単に!PeakDesign ピークデザイン アンカーリンクス AL-3

最近買ったもの 

 

PeakDesign ピークデザイン アンカーリンクス AL-3

f:id:tama-9:20171010234811j:plain

これは本当に便利!

特に、一脚や三脚をよく使われる方には、本当に便利、オススメしたい。

 

カメラのストラップは、着脱を前提に作られていない。

基本的に、付けたら付けっぱなし。(少なくとも自分は)

通常、バスケ撮影の時は一脚を使用しているが、その際にストラップがぶらぶらして邪魔だし、なぜか一脚に絡まりついてカメラが思うところに向かなかったり、通る人に引っかかったり・・・百害あって一利なし状態。

しかし、バスケ撮影以外では一脚を使用しないこともあるし、子供達がカメラを貸してとせがむ場合もあり、そういう場合はストラップが必要になる。

 

どうしたもんかな、でもしょうがない・・・とずっと思っていた。

 

ところが、解決策があるという。

マグカメラ様のブログでいいもの発見!(ありがとうございます)

それが、PeakDesign ピークデザイン アンカーリンクス AL-3。

www.magcamera.com

 

これを使うことで、カメラのストラップを簡単に着脱ができるようになるという。

ということで、早速買ってみた。

 

 ■パッケージ

f:id:tama-9:20171011000951j:plain

 

■商品

ストラップ側に取り付ける黒いホルダーが2個

カメラ側に取り付ける丸いアンカーが4個

入っている。

f:id:tama-9:20171011001043j:plain

 

■使い方

この丸いアンカーをホルダーの溝に差し込み

f:id:tama-9:20171011001227j:plain

少しアンカーを指で下に押しながら奥に入れると

f:id:tama-9:20171011001314j:plain

カチッとホルダーにアンカーがハマる仕組み。

(外す場合は、その逆で、アンカーを指で押しながら外す。簡単!)

f:id:tama-9:20171011001448j:plain

 

■取り付け方

いつものCanon EOS 80に取り付けてみる。

使っているストラップは、カメラに添付されていた純正品。

 

付けっぱなしのストラップ。

f:id:tama-9:20171011001725j:plain

ストラップを外す。 

f:id:tama-9:20171011001803j:plain

 カメラ側に丸いアンカーを取り付ける

f:id:tama-9:20171011001855j:plain

黒いホルダーにストラップを装着

f:id:tama-9:20171011002121j:plain

 さっきの要領で、丸いアンカーをホルダーに「カチッ」とハメる。終了。

f:id:tama-9:20171011002223j:plain

 

■装着図 

左右両方ともアンカーリンクスを装着した図。 見た目も悪くない。

f:id:tama-9:20171011002309j:plain

ストラップを外した図。見た目は正直よろしくはない。(が、しょうがない)

f:id:tama-9:20171011002517j:plain

 

■使用感   

左手はレンズを持っているので気にならない。

が、右手は、アンカーが手に当たる。

が、まぁそんなに邪魔でもないし慣れの問題。すぐに気にならなくはなった。

f:id:tama-9:20171011002742j:plain

  

■耐久性

アンカーの紐の耐久性が気にはなるが、取扱説明書には、「90kg」まで大丈夫という記載あり。

また、アンカーの紐が擦れてきて赤い芯が見えたら交換のサインらしい。

f:id:tama-9:20171011004213j:plain

 

■その他

ホルダーの穴に通すことができるストラップのサイズは、パッケージの記載を見ると1.3cm幅までなら大丈夫との記載がある。

しかし、手持ちの定規で測ってみたら、1.1cm~1.2cmだったので、もしストラップを今の純正品から別のストラップに替える時は注意したい。

f:id:tama-9:20171011004645j:plain

 

■まとめ

とにかく便利!

一脚で使用する際に、ストラップがないとこんなに快適だったとは。

カメラのストラップを簡単に着脱できるPeakDesign ピークデザイン アンカーリンクス AL-3は、なかなかの優れもの。

一脚や三脚をメインで使用される方は、一度お試しあれ。