たまの休日

カメラ初心者が一眼レフとF1.8のレンズで主にバスケットボール写真を撮っています

2018年 買ってよかったぁなモノ カメラ関連 ベスト5

2018年ももうすぐ終わりです

今年買ったものの中から、自分の備忘録も兼ねて「買って本当によかったぁ」と思うカメラ関連グッズを5個選び紹介したいと思います。

 

f:id:tama-9:20181231095358j:plain

 

 

 

 

第5位

 

ロワジャパン

シャッター リモコン コード レリーズ(RS-60E3互換品)

 

f:id:tama-9:20181231085800j:plain

 

コード長100cmのお手軽なリモートスイッチ

 

いつもミニバス、バスケの写真ばかりなのでリモートスイッチは使いませんが、花火やペンライトアートを撮るために買いました。

ワイヤレスも買いましたが、ワイヤレスの受光部がカメラ前面にあるため使い勝手が悪く、コード式のリモートスイッチにしました。

 

f:id:tama-9:20181231090751j:plain

 

コードも100cmありますから、好きな位置で手振れなし撮影ができます。

キヤノン純正品ではなく互換品ですが、カメラのシャッターボタンと同様の使い方ができますて便利です。

数百円で購入できますので、とりあえず持っていても損はないかと思います。

 

 

 

 

第4位

 

 Manfrotto(マンフロット)

ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO MTPIXIEVO-BK

 

f:id:tama-9:20181231092759j:plain

 

コンパクトなのに耐荷重2.5kg、高さ105mm~200mmまでいけるミニ三脚

 

全長200mm、重さ250gのコンパクトなミニ三脚です。

バスケ撮りでは全く出番はありませんが、趣味の腕時計やミニカーを撮ったりする時に使っています。

360°好きな角度にすることができ、小さいですが耐荷重2.5kgなので、Canon EOS 80D+バッテリーグリップ+SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Artという2.6kg重量級セットも、変な角度でもちゃんと固定して使えます。

 

f:id:tama-9:20181231094126j:plain

 

開脚角度が2段階、脚の長さが5段階で変えられるので、一番低い高さで105mm程、一番高い高さで200mmとなるなかなかの優れものです。

なお、もう少しお安い中華品を購入しましたが、耐荷重が小さく、カメラ固定部分が弱かったので買い替えました。

ミニ三脚をお探しの方にはオススメします。

 

 

 

 

第3位

 

Canon(キヤノン)

マグニファイヤー MG-Eb

 

f:id:tama-9:20181231094811j:plain

 

鼻に液晶モニターが当たりにくくなるアイカップ

 

一眼レフカメラのファインダーに元々ついているアイカップと交換して装着するアクセサリーで、本来は被写体がちょっとだけ大きく見える(約1.2倍)ようにするためのものです。

しかし、自分は鼻が液晶モニターに当たるのが気になって、その用途がメインです。

 

f:id:tama-9:20181231095038j:plain

 

以前記事にも書きましたが、

・鼻が液晶モニターに当たりにくくなる (効果大)

・被写体がちょっとだけ大きく見える(約1.2倍)

・なんとなくかっこいい(自己満足・好みの問題)

ということで、気になる方にはオススメです。

 

 

 

 

 

第2位

 

SIGMA (シグマ)

17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

 

f:id:tama-9:20181231095608j:plain

 

暗所にも強く写りがとてもシャープな17-50mm全域F2.8のズームレンズ


バスケの時は集合写真にしか使っておりませんが、現在その他の普段使いはこのレンズをメインで使用しています。

明るいF2.8ですし、広角17mmあると、集合写真や夜景、花火、卒業式などなど様々なシチュエーションで本当に使い勝手がいいです。

 

f:id:tama-9:20181231100935j:plain

 

ズームするとレンズは上の写真のように伸びます。

重さが565gとちょっと重いですが、そこさえ我慢できれば写りは間違いないです。

今は価格も3万円を下回っており、それでいてこの写り、キットレンズからのステップアップにオススメします。

 

 

 

 

 

<関連記事>

 


 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>