たまの休日

カメラ初心者が一眼レフとF1.8のレンズで主にバスケットボールの写真を撮っています

Canon(キヤノン) EF50mm F1.8 STMで桜を撮ってみました。

今回は、Canon(キヤノン) EF50mm F1.8 STMで桜を撮ってみました。

 

今回は、近所の桜です。

前に来た時はまだ3分咲き程度で少々寂しかったですが、満開でした。

 

使用したカメラとレンズは

Canon(キヤノン) EOS 80D

Canon(キヤノン) EF50mm F1.8 STM

を使いました。

今回も、一脚・三脚は使用せずに、全て手持ちで撮りました。

 

 

文字通り満開の桜でした。

もっとF値を大きく絞って撮ってみましたが、背景がうるさくなってしまったので、F1.8にして背景をボカして撮りました。

f:id:tama-9:20180401015437j:plain

 [絞り優先,SS1/4000,F1.8,ISO100,露出補正+1,焦点距離50mm]

 

 

これは、F5.0まで絞って撮りました。

少し遠くから全体を撮る場合は、絞ってF値を上げた方がいいかなと思いました。

F値が小さいと、奥の方がぼあけたり、川に写る桜もぼやけてしまい、全体的になんとなくぼんやりした感じになりましたので。

思い切ってもう少しF値を上げてもよかったかもしれないなぁと思いました。

f:id:tama-9:20180401012716j:plain

 [絞り優先,SS1/320,F5.0,ISO100,露出補正+1,焦点距離50mm]

 

 

これは、F5.6まで絞りました。

背景が空だけだったので絞る意味があったのかはわかりませんが・・・

F5.6でも、手前の桜はこれくらいはボケるんだなぁと。

f:id:tama-9:20180401013746j:plain

 [絞り優先,SS1/400,F5.6,ISO100,露出補正+1,焦点距離50mm]

 

 

とても暖かい日でしたので、やはり。

これもF5.6です。

これは失敗しました。もう少し背景の桜がちゃんと写って欲しかったので、F値をもっと大きくした方がよかったみたいです。

f:id:tama-9:20180401014149j:plain

  [絞り優先,SS1/320,F5.6,ISO100,露出補正+2/3,焦点距離50mm]

 

 

風で舞い降りてくる桜の花びらを見つけました。

舞い散る花びらを撮るのって難しいですね。

f:id:tama-9:20180401015658j:plain

  [絞り優先,SS1/250,F5.6,ISO100,露出補正+2/3,焦点距離50mm]

 

 

バスケで鍛えた瞬発力で。

f:id:tama-9:20180401015936j:plain

 [絞り優先,SS1/200,F5.6,ISO100,露出補正+2/3,焦点距離50mm]

 

 

見事キャッチ。ご満悦。

f:id:tama-9:20180401020052j:plain

 [絞り優先,SS1/200,F5.6,ISO100,露出補正+2/3,焦点距離50mm]

 

 

 

いつも、F値はできるだけ小さく、シャッタースピードはできるだけ速くしてバスケを撮っているので、今回は少し絞って撮るように心がけました。

どういった場合にどの程度のF値にするのか難しいですね。

 

それに、桜を綺麗に撮ろうと露出補正をプラスにしていると、人物が入ると人物が明るくなり過ぎるので、桜と人物を一緒に撮る場合その辺のバランスって難しいなぁと思いました。

 

しかし、Canon(キヤノン) EF50mm F1.8 STMは本当にいいレンズですね。

最初はSigma(シグマ)17-50mm F2.8 EX DC OSは、次にCanon(キヤノン) EF85mm F1.8 USMで桜を撮ってきましたが、このレンズもとても綺麗に撮れるレンズです。

 

・F1.8で明るい(F1.8より絞っても十分綺麗)

・明るいレンズなのでシャッタースピードが稼げる

・クッキリとても綺麗な画質

・綺麗にボケる

・160gと超軽量コンパクト

・それでいて、1万円ちょっと、という優れたコストパフォーマンス

 

背景ボケは、Canon(キヤノン) EF85mm F1.8 USMの方が柔らかい感じになりますが、このCanon(キヤノン) EF50mm F1.8 STMも綺麗にボケます。

自分のようなカメラ初心者には十分過ぎる程です。

それに、人物もこれだけ綺麗に撮れれれば十分です。

 

このレンズは、以前バスケ撮影でも使用しておりました。

焦点距離が50mmだと選手が少し小さく写るので今はレンズを替えましたが、体育館でのスポーツ写真でも十分綺麗に撮影できる素晴らしいレンズだと思います。

「撒き餌レンズ」とよく言われますが、買わない理由がないですもんね。

 

カメラ本体(レンズなし)を買って、このレンズを最初に買えば、ほとんどのケース十分なんじゃないかなと思います。

撮っていくうちに、もっと望遠なのか、もっと広角なのか、もっと寄りたいのか、好みや撮りたいものがはっきりしてから他のレンズを追加で購入していく、というのが一番リーズナブルなんじゃないかなぁと思います。

(自分がそうでした)

 

このレンズも久しぶりに使ったのですが、もっと色々使ってみたいなと思います。

 

 

 

<使用機材>

 

 

 

 

 

 <関連記事>

 

Canon(キヤノン) EF85mm F1.8 USMで桜を撮ってみました。 - たまの休日

 

Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OSとCanon EOS 80Dで、初めて桜を撮ってみました。 - たまの休日

 

これならカメラ初心者でも一眼レフでバスケ写真を撮影できます! <機材編> - たまの休日

 

 

 

<スポンサーリンク>