たまの休日

カメラ初心者が一眼レフとF1.8のレンズで主にバスケットボール写真を撮っています

素人でもバスケ・ミニバスをビデオカメラで撮影したい 撮り方・映り方

バスケットボール・ミニバスケットボールのビデオの撮り方と撮影位置およびその時の映り方について

f:id:tama-9:20180211181939j:plain

前回、バスケットボール・ミニバスケットボールのビデオ撮影で使用している機材を紹介したが、今回は素人の自分がいつもやっているビデオの撮り方と撮影位置およびその時の映り方について書きたい 

使っているビデオカメラ等は、前回の記事のとおり
 なお、「1番応援、2番写真、3番ビデオ」の順に重きを置いているため、そこまでがっつりビデオ撮影に対して学習も練習もしていない

なので、ビデオ撮影が上手な方や「自分の子供をアップで追い続けるぜ!」という方には全く参考にならないと思うので予めご了承いただきたい

 

 

■撮り方

撮り方とかコツとかって言う程でもないが、自分が体育館でバスケ・ミニバスのビデオを撮影する際に気を付けていることは以下の通り

 

①ボールを画面中央に持ってこようと頑張りすぎないように

一生懸命ボールを画面中央に撮ろうとしてボールを追いかけても、ミニバスとは言え動きは早く追いつけるわけないし、むやみにカメラを右に左に振るので見る時に見辛い

画面のどこかにボールが映っている、くらいでよいと思う

 

②なるべくコート上を広く映すように

選手が小さく映るのでいやだ、と言う方もいらっしゃるかもしれないが、ボールを持っていない選手の動きやスペース、その時にどう動くか、など後で見て振り返りをする際にはやはりなるべくコート上を広く映しておく方がいいかなと思う(片側コート全体が映るくらい)

そのためにも、できるだけ広角レンズで広く映せるのビデオカメラがいいと思う

 

③ビデオカメラは左右に動かしすぎないように

これは①と同じだが、小刻みに右に左にカメラを動かすと、後で見る時に非常に疲れる

カメラを動かすのはコートを移動する時だけにして、左右それぞれのコートにいる間は動かさない、くらいが見やすい

動かす際は、急いでガッと動かすのではなく、極力ゆっくり動かすと後で見やすい

なお、今はそれもやめて、コートほぼ全体を映すようにしてカメラは固定して撮影している

 

④ズームアップは使わないように

レイアップシュートやロングシュートなどアップにしてみたくなる衝動にかられるが、いちいちズームアップしていたら選手の動きに追いつけないし、相当高度な技量を必要とされると思うので、ズームは使わないようにしている

 

⑤選手や他の人に邪魔にならないように

これは、バスケ・ミニバスに限ったことではないが、選手や他の人の邪魔にならないように撮影するのがマナー

観客席で撮影する場合に隣の人や後ろの人がビデオカメラのせいで試合が見えづらくならないようにとか、体育館内で選手達の移動や荷物を置く邪魔にならないようになど、ちょっとした気遣いは必要

なので、大きな三脚の利用は避けた方がいいと思う

 

⑥ビデオカメラの近くで、バスケと関係ない話や聞かれたらマズい話をしないように

ビデオカメラの近くでのおしゃべりは、ちゃんとカメラのマイクが拾うので、後でビデオは見るもの、ということを忘れずに

 

 

■撮影位置と映り方

今まで色んな小学校でビデオ撮影をしてきた時の撮影位置とその時の映り方を参考まで

使用しているカメラが「25mm」の広角レンズのカメラなので、それを前提に書いており、もしお持ちのカメラが25mmよりも数値が大きいレンズ(28mmとか)の場合は、映る範囲が狭くなると考えていただきたい

撮影範囲は、赤く塗った範囲だが、正確に測ったわけではなく、だいたいこんな感じと

捉えていただきたい

また、体育館によって大きさも造りも違うので全てがこの通りというわけにはいかないこともご了承いただきたい

なお、元々観客席でビデオ撮影をしていたが、今は体育館の隅からカメラを自立できる一脚で固定して撮影している(下記②)

 

①観客席

・観客席に座った状態で自立できるスタンド型一脚を使用して撮影

右のコートにボールがある時は右のコート全体が映るところでカメラを止めて撮影、左のコートに移動する時にゆっくりカメラを動かし、左のコート全体が映るところ止めて撮影(ボールの動きに合わせてむやみにカメラを左右に振らない)

 

・メリット/デメリット

メリット:コートに近いので選手も大きく映るし、臨場感もある、死角がほぼない

デメリット:コート全体を映せないので、左右にカメラを動かす必要がある

 

・撮影できる範囲と撮影サンプル ※白色チームの場合

(1)右コート

f:id:tama-9:20180211182744j:plain

f:id:tama-9:20180211182718j:plain

(2)左コート

f:id:tama-9:20180211183751j:plain

f:id:tama-9:20180211183827j:plain

 

 

②体育館隅(入口から遠いすみっこ)

・入口から遠い方の体育館のすみっこから自立できるスタンド型一脚を使用して撮影

大抵の小学校では体育館奥にピアノが置いてあるが、その辺りにカメラを置き、極力コート全体が映るようにして撮影、カメラは固定(体育館が広いと全体が映る場合も)

だいたいステージに上がる入り口があるので、本当のすみっこではなく下記のようにピアノ辺り(コートより)に置くので、どうしても死角ができてしまう

しかし、この辺りは、体育館の中でも一番人通りが少ないので邪魔になりにくい

 

・メリット/デメリット

メリット:コートをほぼ全体映せる、邪魔になりにくい

デメリット:何かに当たり向きがズレたり倒れたりすることもある、死角もある

 

・撮影できる範囲と撮影サンプル

f:id:tama-9:20180211184131j:plain

f:id:tama-9:20180211184106j:plain

 

 

③体育館隅(入口側)

・入口付近の体育館のすみっこから自立できるスタンド型一脚を使用して撮影

入口付近のすみっこは大抵何もないので、ギリギリ隅からコート全体を映すようにして撮影、カメラは固定

上記②より死角が少なく、体育館によっては全体を映すことができる

しかし、入口付近なので人通りや人の滞留も多く、画面にがっつり人が映り込むことも多々ある

 

・メリット/デメリット

メリット:死角が少なく、コートをほぼ全体映せる

デメリット:何かに当たり向きがズレたり倒れたりすることもある、人が映り込む

 

・撮影できる範囲と撮影サンプル

 f:id:tama-9:20180211184341j:plain

f:id:tama-9:20180211184409j:plain

 

 

④二階隅

・二階のすみっこに自立できるスタンド型一脚を使用して撮影

二階からコート全体を映すようにして撮影、カメラは固定

上からの撮影になるので、よりコート内の選手の位置やスペースなどが見やすいし、人が画面に映り込むこともないし、邪魔にもならない

しかし、録画のスタート/ストップのために、いちいち階段を上がり下がりしないといけないので面倒

なお、はしごをよじ登るような場合は危険なのでオススメしない、ちゃんと階段があるような体育館で(しかし階段があるような体育館は、そんなに多くない気がする)

 

・メリット/デメリット

メリット:上から撮るのでコートの状況がより見やすい、死角少ない、邪魔にならない

デメリット:録画のスタート/ストップが面倒(撮りっぱなしを覚悟)

 

・撮影できる範囲と撮影サンプル f:id:tama-9:20180211184501j:plain

f:id:tama-9:20180211184531j:plain

 

 

⑤ステージ中央

・ステージの中央に自立できるスタンド型一脚を使用して撮影

ステージの中央からコート全体を映すようにして撮影、カメラは固定

コートよりステージは高いので、二階ほどではないがコート内の選手の位置やスペースなどが見やすい

しかし、中央からだと手前のゴールネットが奥のゴールと被り、シュートが入ったかどうかが案外見えづらいのと、手前コートの0度あたりがかなり死角になる

ステージからだと、中央ではなく、少し右側か左側にズラして斜めから撮るのがよさそう

ただし、ステージは更衣室替わりに使用されるか、コーチ控室に使用されるケースも多いため、ステージから撮影できるケースはまれ

 

・メリット/デメリット

メリット:上から撮るのでコートの状況がより見やすい、邪魔にならない

デメリット:録画ボタンの操作が面倒、ステージが使えないケースが多い

 

・撮影できる範囲と撮影サンプル 

f:id:tama-9:20180211184615j:plain

f:id:tama-9:20180211184627j:plain

 

 

■まとめ

ここから撮ったらこんな感じで見える、ということが伝われば・・・

どこから撮影するにしても、「できるだけ広角のビデオカメラ」「自立できるスタンド型一脚」があると便利だと思う

後は、固定して撮影するか、固定しない場合は「ボールを追いすぎてカメラを右に左に動かし過ぎないこと」「動かす時にガっと動かさないこと」に注意すれば、見やすい動画になると思う

なお、二階のセンターから撮影している方が結構いらっしゃる

多分、上からだし一番いい撮影場所なのかもしれないが、自分は撮ったことがない

 

 

■おまけ(ビデオ撮影では、こんなことも結構ある・・・)

目はボールを追っているけどビデオカメラが追いついてない・・・ f:id:tama-9:20180211184750j:plain

 

カメラ前に人が立ってしまい、画面にがっつり人が映り込む・・・ 

f:id:tama-9:20180211184817j:plain

 

おいおいマジか・・・

f:id:tama-9:20180211184834j:plain

 

<関連記事>  


<使用機材>

<スポンサーリンク>