たまの休日

Canon EOS 80Dで撮影したバスケ写真、カメラ、時計、音楽・・・とか

オススメ!お手軽カメラ・レンズ防湿庫 ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 11L DB-11L-N

最近買ったもの。

 

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 11L DB-11L-N

f:id:tama-9:20171125203444j:plain

f:id:tama-9:20171125231000j:plain

・カメラ・レンズをたっぷり収納

・同じボックスを重ねることが可能

・防湿庫より断然安い

・湿度計付き

 

防湿庫まで大袈裟なものでなくてもいいので、お手軽なドライボックスが欲しい、という方にはオススメできる

 

なんやかんやで、レンズも増えてきた。

問題は、それらの保管。

どうもレンズは湿気に弱く、カビがはえたりするらしい。

コンパクトデジカメを含め、今まであまり気にしていなかったのだが、SIGMA Art 50-100mm F1.8 DC HSMを購入してから、気になり始めた。

 

ちゃんとした防湿庫は、場所も取るしお値段も結構する。

そこまで仰々しくなくていいんだよなぁ・・・と思っていた時に見つけたのが、この「ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 11L DB-11L-N」。

 

正直、購入したばかりで、どこまで密封性能が高いかは不明だが、カメラ・レンズの保管をメイン、少しでも防湿できれば、と考えればかなりお得な商品だと思う。

 

■パッケージ

蓋にシリコンゴムが貼られており、蓋をガチっと閉められるボックスに、湿度計と防湿材が入っている。

f:id:tama-9:20171125203523j:plain

f:id:tama-9:20171125203858j:plain

f:id:tama-9:20171125203937j:plain

 

■サイズ

外寸:w306×D486×H138mm

内寸:w251×D403×H100mm

蓋の厚みが数ミリなので、ざっくり高さが130mmくらいまでは縦置きできると思う。

例えば、キヤノン製品であれば、EOS-1D XMarkⅡを縦置きすることは高さが足りずできないが、それ以外のキヤノン製一眼レフは縦に置くことができると思うし、レンズであれば大抵のものが入ると思う。

f:id:tama-9:20171125215103j:plain

 

■収納量

 カタログ値では11リットル。

で、11リットルってどれくらい収納できるかやってみた。

f:id:tama-9:20171125203444j:plain

【カメラ本体】

Canon EOS 80D <W1139×H105.2×D78.5mm>

Panasonic FZ200 <W125.1×H86.6×D110.2mm>

 【レンズ】

SIGMA Art 50-100mm F1.8 DC HSM <最大径93.5mm×長さ170.7mm>

TAMRON SP AF28-75mm F2.8 <最大径73mm×長さ100.5mm>

Canon EF135mm F2.8  <最大径69.2mm×長さ98.45mm>

TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiII VC  <最大径75mm×長さ96.6mm>

Canon EF85mm F1.8 USM  <最大径75mm×長さ71.5mm>

Canon EF50mm F1.8 STM <最大径69.2mm×長さ39.3mm>

Canon EF-S 24mm F2.8 STM  <最大径68.2mm×長さ22.8mm>

 

以上が、写真に写っている全てだが、全部収納してもまだ余裕がある。

隙間には、ストロボやコンパクトデジカメを十分収納することができる。

 自分としては、思っていた通りの収納量だった。

(なお、実際には、底にタオルを敷いて、カメラやレンズが直接ケースに触れないようにしている)

 

■防湿材

商品に、防湿材が一つついてくる。

しかし、そんなに大きいものではなく心もとないので、防湿材を追加して入れるために「 HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S 」を購入。

30gの防湿材が4つ入ったパックが3パックセットになった商品。

1パック開けて、追加で4つの防湿材も入れてみた。

(余った防湿材は、時計ケースに入れたりしている)

f:id:tama-9:20171125225604j:plain

f:id:tama-9:20171125225657j:plain

f:id:tama-9:20171125225714j:plain

f:id:tama-9:20171125225757j:plain

 

 ■防湿性能
まだ使用してそこまで時間がたっていないので、正確なところよく分からない。
現時点で、室内で使用した場合、湿度計は「DRY(30%)」を指している。
湿度計がどこまで正確かは分からないが、防湿性能はちゃんとしているようだ。
 
■まとめ
防湿庫ではちょっと大げさだが、お手軽な防湿庫/ドライボックスとしては、購入してよかったと思っている。
(経年劣化で、蓋のシリコンゴムがへたって防湿性能が落ちてくるだろうが、当面は問題なさそう)
お手軽カメラ・レンズのドライボックスとしてはオススメできる。
もし、お手軽なドライボックスをお探しの場合は、一度お試しあれ。