たまの休日

Canon EOS 80Dで撮影したバスケ写真、カメラ、時計、音楽・・・とか

SIGMA(シグマ) Art 50-100mm F1.8 DC HSM バスケ撮影的レビュー1

欲しくてたまらなかったレンズ

SIGMA Art 50-100mm F1.8 DC HSM

f:id:tama-9:20170927093330j:plain

 

レビューできるほどの実力はないが、素人がバスケ撮影をするという観点で見ていきたい。何回に渡るかは分からないが・・・

(間違い等あればご指摘いただきたく。。)

 

まずは、基本スペック。

50mmから100mmまでカバーする中望遠ズーム

 (CanonEOS80Dで使用すると実際には80mmから160mm)

・ズーム全域で明るいF1.8

・シグマのArtラインならではの高画質

・ズームにしてもレンズ全長が変わらないインナーズーム方式。

・フィルターサイズ:82mm(びっくりする程でかい)

・最短撮影距離:950mm

・三脚座付き(取り外しは不可)

・レンズフード、レンズケース付き

・最大径×長さ:93.5mm×170.7mm(ちょっぴり恥ずかしい程大きい)

・重量:1,490g(ずっしり重い)

APS-C専用

 

 梱包箱。

f:id:tama-9:20170923220530j:plain

 

開けると、レンズケースが箱一杯に。

(実際には、その上に取扱説明書や保証書が入っている)

f:id:tama-9:20170926222648j:plain

 

ケースには、レンズとレンズフード、写ってないがケース用ストラップ。

 (レンズとレンズフードは、実際にはそれぞれビニール袋に入っている)

f:id:tama-9:20170926223209j:plain

 

レンズケースにレンズを入れるとこんな感じ。

(ケースは、頑丈にできているが、如何せん大きい)

f:id:tama-9:20170926223543j:plain

 

ケースにはストラップが付いている。昔の保温できるお弁当箱みたい。。。

(このケースは大き過ぎるので、使わない予定)

f:id:tama-9:20170926223741j:plain

 

ズームリングは、三脚座がちょっと邪魔して正直回し辛い。

それに、径が大きい上に重いので、はっきり言ってズームが難しい。

(クルクル軽すぎるのもよくないが・・・これは慣れるしかないか)

f:id:tama-9:20170926230402j:plain

 

三脚座は、90度毎に位置をずらすことができる。

ズームリングに被ってるんだよなぁ。。。

(大きい丸いつまみを絞めれば三脚座は固定、ゆるめると90度毎に回転)

f:id:tama-9:20170926225247j:plain

 

レンズフードを付けると、こんな大変なことに。。(苦笑)

(レンズフードは、そもそも使ったことがないので実際には問題ないが)

f:id:tama-9:20170926224311j:plain

 

横から。

f:id:tama-9:20170926225219j:plain

 

で、レンズフードを取り付けると、ど~んとものすごい存在感。

f:id:tama-9:20170926225411j:plain

 

とりあえず、今回はここまで。

全然バスケ撮影的なレビューではないが(苦笑)

 

ズームリングだけは、分かっていたことだが、個人的には使いづらい。。。

マニュアルフォーカスを基本的に使わない(使えない)ので、フォーカスリングをそんなに大きくしないで、全員が必ず使うズームリングの位置等はもう少しなんとかならなかったのかな、というのが正直な(素人故の手前勝手な)感想。

慣れの問題も大きいと思うので、これは練習、練習で。

 

入手した翌日に撮影したサンプルを一枚。

いきなり大会での撮影だったので、びびって3試合中1試合だけ使ってみた。

f:id:tama-9:20170926230923j:plain

<画像情報>

・撮影日:2017年9月24日(晴れ)

・カメラ:Canon EOS 80D

・レンズ:SIGMA Art 50-100mm F1.8 DC HSM

・AFモード:AI SERVO

・測距エリア:ゾーンAF

・撮影モード:シャッター優先AE

シャッタースピード:1/800秒

・絞り値(F値):F1.8

ISO感度:2500(オート)

・ドライブモード:高速連続撮影

・ホワイトバランス:オート

焦点距離:100mm

 

今までと同じ設定で、レンズだけ交換。

きちんと撮影できると、やはりとても綺麗に撮れる。(流石!)

鮮やかだし、背景のボケ具合も綺麗に感じる。(ちょっと贔屓目?)

しかし、正直、全く使いこなせなかった。。。この話はまた別の機会に。

誤解されるといけないので言っておくが、レンズのせいでは全くなく、自分の腕のせいと練習不足のせい。

色んな意味で、今までのレンズとは違うので、練習が必要。

少し甘かった・・・

早く使いこなせるようになりたい。