たまの休日

Canon EOS 80Dで撮影したバスケ写真、カメラ、時計、音楽・・・とか

マイカメラ SONY(ソニー)DSC-U60 初めて買った防水デジカメ

 

今までに使ってきたマイカメラについて。

 

今回は、

全防水の

SONYソニー

サイバーショットU

「DSC-U60」

の話。

f:id:tama-9:20170712220402j:plain

2003年6月発売。

初めて手に入れた防水デジカメ。

今から14年前。

 

当時、プールで濡れても大丈夫なカメラが欲しかったのだが、ちょうど新発売。

確か、ソニーのオンラインショップに予約して手に入れたと記憶。

一目惚れの衝動買い。

 

 

<デザイン>

縦型で、丸みを帯びた昔の潜水服的なデザイン。しかも、ちょっと斜めになってる。

実は案外コンパクトで、手のひらサイズ。

海、雪などのレジャー利用を前提としており、片手でもちゃんと撮影ができるように実はよく考えられたデザイン。

f:id:tama-9:20170712222419j:plain

(出典:プレスリリース

 

 

<防水>

水深1.5mでの水中撮影が可能な完全防水。

夏は海・プール、冬は雪・スキーでの利用を前提とした作り。

電池の蓋は、二重構造で、かなりちゃんとした防水仕様になっている。確かに水中撮影しても大丈夫だと思わせるしっかりした作り。

ストラップもゴム製かつ大振りな作りで、スキーウェアの上から使えるようになっている。

f:id:tama-9:20170714012212j:plain

(安心のMade in Japan)

f:id:tama-9:20170714012501j:plain

(がっちりとした二重構造の蓋、ゴムパッキンも)

f:id:tama-9:20170712223908j:plain

(今も入ったままだった)

f:id:tama-9:20170712225154j:plain

(懐かしのメモリースティック!)

f:id:tama-9:20170712225226j:plain

(ストラップは、ゴム製かつ大振り。)

 

 

<ハイブリッド型液晶>

実は、プレスリリースの一番の謳い文句が、「屋内でも屋外でも画面が見やすいハイブリット1.0型液晶モニター搭載」(兄弟機であるDSC-U30との同一プレスリリースだったのでしょうがないが)

綺麗で見やすいのかもしれないが、とは言え「1.0型」は小さい。

しかし、このサイズに液晶をつけるのであれば、確かにこのサイズが限界だったのだろう。

ハイブリッド型液晶って何がハイブリッドか全く分からないが、何にでも「ハイブリッド」と言っておければOKみたいな時代があったなぁ・・・

f:id:tama-9:20170712230300j:plain

(カメラは縦型だが横撮り。)

 

 

<主なスペック>

・1.27型CCD 200万画素

・画像サイズ:1632×1224ドット

・JIS防水保護等級6級、7級適合

・1.0型ハイブリッド型液晶

メモリースティックへの記録

ニッケル水素充電池単四×2本

・W60.2×D43.3×H16.8mm 

 149g(電池含まず)

 

 

今見てもなかなか素敵なデザインだと思う。流石SONY

とにかく片手で撮影できるのは非常に便利で、プールには必ず持って行っていた。

液晶は見難く、片手だとどうしてもブレブレの写真になってしまうが、今まで撮れなかったシチュエーションで写真が撮れることが楽しかった。

このカメラも忘れられないカメラ。

これ以降、防水デジカメは2個買ったかなぁ。

 

久しぶりに引っ張り出してきたら、メモリースティックと電池が入ったまま。

充電したら動くのだろうか・・・メモリースティックには何が記録されているのか(笑)