たまの休日

Canon EOS 80Dで撮影したバスケ写真、カメラ、時計、音楽・・・とか

素人でもミニバスを一眼レフカメラで撮影したい8 撮影モード

素人の自分が、ミニバスケットボールを撮影する際のカメラの設定の話。

 

今回は、③撮影モードについて。

 

使用しているカメラは、Canon EOS 80D

  

③撮影モード

 

 ミニバスケットボールをしている子供達の姿をブレていない止まった写真として撮ることを目標にしているため、撮影モードは「シャッター優先AE(Tv)」

 f:id:tama-9:20170702183505j:plain

 

体育館という暗い環境の中で、激しく動き回るミニバスケットボールの選手達を撮影する場合、シャッタースピードを上げないと選手達の動きについていけずにブレブレな写真を量産してしまう。

 

シャッター優先AE」は、シャッタースピードを自分が決めることができ、自分で決めたシャッタースピードに合った絞り値やISO感度をカメラが決めてくれるという、半自動モード。

 

なので、被写体がブレないようにシャッタースピードを速く指定すれば、あとの細かい設定はカメラやってくれるというわけである。素人でも決して難しくない。

 

設定方法はこんな感じ。

1)カメラの左上部にあるモードダイヤルを回し、「Tv」を選ぶ。(右の白い印に合わせる)

f:id:tama-9:20170705094457j:plain

2)被写体に向けてシャッターボタンを半押しにする。そうすると、ファインダーの下の部分に、シャッタースピードや絞り値などの設定値が表示される。

f:id:tama-9:20170705094849j:plain

3)カメラ左上部のシャッターボタン手前のメイン電子ダイヤル(そういう名称らしい)を回し、シャッタースピードを決める。

f:id:tama-9:20170705095054j:plain

4)撮りたい写真に合わせて、シャッタースピードを決める。下の写真で「500」と書いてあるのがシャッタースピード。数字が多い方が、シャッタスピードが速い。

f:id:tama-9:20170705095022j:plain

 これで、自分の決めたシャッタースピードで撮影ができるようになる。

一度シャッタースピードを決めたら、メイン電子ダイヤルを回すまで固定される。

それ程難しいことではない。

 

※なお、上記は写真を撮るためにライブビューにしてその液晶画面を撮影している。そのため、ファインダーで見た場合と若干見え方が違うが、だいたいこんな感じということでご容赦願いたい。(ファインダー内の写真を撮ることができず・・・)

 

シャッタースピードを変えると、カメラが適正な明るさで写真が撮れるように設定を変えてくれる。下は、絞り値(1.8と書いてある)は変わっていないが、ISO感度シャッタースピードに合わせてカメラが自動的に変えている。(ISO感度の設定をオートにしているため、カメラが適正なISO感度になるように自動的に設定してくれている。)

f:id:tama-9:20170705100308j:plain

シャッタースピード:1/500秒

ISO感度:640

 

f:id:tama-9:20170705100049j:plain

シャッタースピード:1/800秒

ISO感度:1000

 

f:id:tama-9:20170705100118j:plain

シャッタースピード:1/1000秒

ISO感度:1250

 

f:id:tama-9:20170705100134j:plain

シャッタースピード:1/2500秒

ISO感度:3200

 

 

但し、シャッタースピードをただ速くすればいいか、速ければ速い程いいか、というとそうではない。やはり限界もある。

限界を超えた場合は、絞り値が点滅し、適正な明るさで写真が撮れないことをカメラが教えてくれる。その場合は点滅しないようにシャッタースピードを遅くすればいい。

下の写真は、シャッタースピードをめちゃくちゃ速くしてみたもの。その場合、絞り値が消えているが、これは点滅しているとういことでご理解いただきたい。

f:id:tama-9:20170705101429j:plain

 

 

 なお、ミニバスケットボールや体育館で行うスポーツの写真撮影の際に、「シャッター優先AE」ではなく「絞り優先AE」を使用している方もいるようだ。

 

絞り優先AE」は、絞り値を自分で決めて、それに合わせてシャッタースピードをカメラが自動的に決めてくれるモード。一眼レフカメラならではのボケのある写真など、絞り値を自由に設定することで、思い通りの写真が撮れるようだ。

で、試してみた。

 

いずれも、カメラは「Canon EOS 80D」、レンズは「Canon EF85mm F1.8 usm」。

(上記サンプルのように、液晶画面で設定値が表示されている写真を撮っておけばよかったが、撮っていないので、実際の写真で)

ミニバス撮影を想定し、絞り値は一番明るいF1.8となるようにし、それぞれのモードで撮影してみた。

 

まずは、「シャッター優先AE」で最も速いシャッタースピードとなるように設定して撮影し写真。

f:id:tama-9:20170705103008j:plain

・モード:シャッター優先AE

シャッタースピード:1/2500秒

・絞り値:F1.8

ISO感度:3200(オート)

 

次に、同じ環境で、「絞り優先AE」で絞り値をF1.8にしてみた。

f:id:tama-9:20170705103552j:plain

・モード:絞り優先AE

シャッタースピード:1/125秒

・絞り値:F1.8

ISO感度:160(オート)

 

なんと、シャッタースピードが全然違う。ISO感度も違う。

 

では、ISO感度を「シャッター優先AE」の時と同じ値になるようにしたらどうなるか試してみた。

f:id:tama-9:20170705103948j:plain

・モード:絞り優先AE

シャッタースピード:1/2500秒

・絞り値:F1.8

ISO感度:3200(指定)

 

シャッター優先AE」の時と同じシャッタースピードになった。

写真自体は、「絞り優先AE」でISO感度を指定した方が明るく綺麗に撮れている気もするが、それがたまたまなのか、そういうものなのかは、残念ながら自分ではわからない。。。

 

ただ言えるのは、きちんと適切なISO感度を指定するのであればどちらでもかまわないが、楽にシャッタスピードを速くしたい場合は「シャッター優先AE」を使った方がいい、ということかなと。

 

ということで、ミニバスを撮影するには、

シャッター優先AE」がいい