たまの休日

Canon EOS 80Dで撮影したバスケ写真、カメラ、時計、音楽・・・とか

素人でもミニバスを一眼レフカメラで撮影したい6 AF

素人の自分が、ミニバスケットボールを撮影する際のカメラの設定の話。

前回設定全般について書いたが、それぞれについて少し細かく。(もし間違い等あればご指摘いただきたく) 

 

今回は、まず「①AF(オートフォーカス)」について。

 

使用しているカメラは、Canon EOS 80D

  

①AF(オートフォーカス

 

現在使用している Canon EOS 80Dの場合、AFの方式は、 「ONE SHOT」「AI SERVO」「AI FOCUS」の3つがある。

f:id:tama-9:20170702183440j:plain

 

 「ONE SHOT」とは、止まっている被写体の撮影に適しているAF方式で、シャッターボタンを半押しすると1回だけピント合わせを行う。

ピントが合うと「ピピッ」と音がなり、ファインダー内の合焦マークが点灯することで、ピントが合ったということをカメラが教えてくれる。素人の自分には、ピントが合ったことが分かりやすいモード。

風景や商品写真など、動かないものを撮影するのには適しているはず。

 

しかし、ミニバスは基本的に選手が常に動いている。

1回だけピントを合わせても、次の瞬間に選手は動いてるので、当然その選手にピントは合わなくなる。ピントを合わせようとすると、シャッターボタン半押しを解除し、動いた先でシャッターボタンを半押ししピントを合わせる必要がある。が、また次の瞬間には選手は動いていて・・・・なかなかピント合わせに難儀することになる。

 

そこで出てくるのが「AI SERVO」。

「AI SERVO」とは、シャッターボタンを半押しならびにシャッターボタンを押している(連写している)間、ずっと被写体にピントを合わせ続けるAF方式。なので、動いている被写体の撮影に適しており、動体追従AFと言われる。(コンティニュアスAF等、カメラメーカーによって多少呼び方が違うらしい)

シャッターボタンを半押しした状態で、動き回る選手を追い続けていればずっとその選手にピントが合ったままなので、ミニバスやスポーツ撮影にはもってこい。

但し、ピントが合った際に「ピピッ」音も鳴らないし、ファインダーに合焦マークも表示されない。なので、素人の自分にはちょっとビビるモード。

 

じゃあと言って、その両方の良いとこどりをしたのが「AI FOCUS」。

「AI FOCUS」とは、被写体の状態に合わせて、「ONE SHOT」から「AI SERVO」に自動的に切り替わるモード。

パスを受け取って止まっている選手に「ONE SHOT」でピントを合わせ、そのままドリブルを始めたら「AI SERVO」でその選手にピントを合わせ続けるということらしい。

また、ピントが合うと「ピピッ」音が鳴るという、まさしく良いとこどりの素敵なモード。

 

なので、Canonのデジタル一眼を購入した際に、真っ先に使ったのがもちろん「AI FOCUS」。

しばらく使ってみたものの、どうもピントが合わない写真の枚数が多い。思っていないところにピントが合った写真を量産。。。両方の良いとこどり、のはずだったが、どうもどっちつかずというか、帯に短し襷に長し、という感じか。

 

ということで、現在は、「AI SERVO」を使用している

このAF方式に変更してから、写真の成功率は各段に上がった。やはり、餅は餅屋、動体を撮影するなら動体に強いモードで、ということのようだ。

今はとにかく「AI SERVO」様様。

 

「AI SERVO」の場合、「被写体追従特性」や「速度変化に対する追従性」等々、さらに深い設定があるようだ。しかし、まだ自分にはよく使いこなせそうもないので、そのあたりは初期設定のままで使っている。今後、このあたりの深い設定も駆使できるようになれば、さらにピント合わせが楽になるのかもしれない。

 

「AI SERVO」での撮影サンプルとして分かりやすそうなものを参考までに。

(修正は、目線とリサイズのみ)

f:id:tama-9:20170703010350j:plain

f:id:tama-9:20170703010410j:plain

f:id:tama-9:20170703010423j:plain

f:id:tama-9:20170703010439j:plain

 f:id:tama-9:20170703010459j:plain

 

・カメラ:Canon EOS80D

・レンズ:Canon EF85mm F1.8 USM

シャッタースピード:1/500秒(シャッター優先モード)

(1枚目)F2.0 ISO1250

(2枚目)F1.8 ISO1000

(3枚目)F2.0 ISO1000

(4枚目)F2.0 ISO1000

(5枚目)F1.8 ISO1000

 

レイアップシュートは、こういう感じで撮ることができる。(もちろん失敗もする)

 

ちなみに、シャッター優先モードで撮影しているため、シャッタースピードは1/500秒に固定されているが、連写なのにF値ISO感度は一枚づつ微妙に異なっている。

動きに応じた光の量などで微妙に調整しているのだろう。

カメラの中でどれだけ高速で調整を行っているのだろう・・・

凄すぎるEOS 80D・・・キヤノン・・・素晴らしい

 

なお、EOS 80Dに添付されているCanonアプリケーション「Digital Photo Professional」を使用して、それぞれの写真のどこにピントが合っているのかを確認してみた。

「Digital Photo professional」は、色々な機能があるようで、時間ができたらいじってみたいが、今回ピントが合っている部分(合焦点)を確認するために初めて使ってみた。写真を選択すると、合焦点やその他詳細の撮影データが分かる。(しかし、使用するレンズによって、ピントが合っている場所が分かる場合と分からない場合があるようだ。「EF85MM F1.8 USM」の場合は合焦点が表示されたが、同じCanon純正の「EF50mm F1.8 STM」で撮影した写真の場合、合焦点は表示されなかった。)

 

上のレイアップシュートの場合の合焦点はこんな感じ。

赤い四角が合焦点(ピントが合っている点)。

分かりやすくするために、写真をモノクロにしたり少し加工している。

f:id:tama-9:20170704121507j:plain

 

f:id:tama-9:20170704121524j:plain

f:id:tama-9:20170703115258j:plain

f:id:tama-9:20170704121558j:plain

f:id:tama-9:20170704121628j:plain

 

 

見ていただくとわかる通り、

連写している間、動いている被写体にずっとピントを合わせ続けている

(3枚目は合焦点がないのはご愛敬・・・)

ゾーンAFを使用し、45個あるAFフレーム(ピントが合う黒い四角)の中央の9個で被写体を追っていて、その9個の内ピントが合ったのが赤く表示された点。

中央の9個の範囲内に被写体が来るように、がっつり日の丸構図になるように被写体をカメラで追いかけると、「AI SERVO」と「ゾーンAF」でカメラがピントを合わせ続けてくれる。感謝、感謝。

 

ということで、ミニバスを撮影するには

「AI SERVO」がいい